Founders At Work (2) Hotmail

起業の秘訣: 考えている事を文章にしよう (起業の計画を明確にする為に自分でビジネスプランを書こう)

Founders at Work(Stories of Startups’ Early Days)
今回は第2章のSabeer Bhatia
(Cofounder)のHotmail起業の話の中から、彼が挙げる、ビジネスを始める上での重要な点を二つ(彼は4つ挙げていますが)。

  1. Make sure you write a business plan because it will crystallize your thoughts to communicate your ideas with somebody else: 自分でビジネスプランを書きなさい。その行為が、あなたの考えを、他人に説明でするよう、洗練します。
  2. Don’t try to change user behavior dramatically: ユーザーの行動様式を根本的に変えようと思わないように

第1のアドバイスに関して、特に、プランの中には下記の事が盛り込まれるべきだと

  • What the company is going to do: 何をする会社なのか
  • What problem it is going to solve: どんな問題を解決するのか
  • How big the market is: マーケットのサイズ
  • What the sources of revenue for the company are: どうやって収入を得るのか
  • What your exit strategy is for your investors: どうやって投資家に還元するのか
  • What amount of money is required: いくらのお金が必要か
  • How you are going to market it: どうやってマーケティングするのか
  • What kind of people you need: どんな人材が必要か
  • What the technology risks are, marketing risks, execution risks: どんなリスクがあるのか

第2のアドバイスに関しかれは下記のように続けています

  • If you are expecting people to dramatically change the way they do things, it’s not going to happen. Try to make it such that it’s a small change, yet an important one.: もしあなたが根本的に人々の行動様式を変えようとしているのであれば、それは実現できないでしょう。小さな変更だけれども、重要な事を変えるよう勤めるべきです。

ビジネスプランに限らず、考えている事を文章にするという行為は、考えを洗練する効果があると思います。多くのブロガーがこの為に文章を書いているのではないでしょうか?第2のアドバイスに関し、慣れ親しんだものを変える事はビジネスに限らず、どんなケースでも難しいものです。変更は小さく、しかしインパクトは大きくは、様々なケースにおいて重要ではないでしょうか?

今日まで、たった2章しか読んでいませんが、気づいた事を一つ。1章のMAX、2章のSabeerに共通する事として、共に頭が良さそうというのは横に置いといて、共にアメリカへの移民である事、共に会社を設立するに当たって良いパートナーがいた事が挙げられます。Googleのファウンダーの一人も移民ですし、アメリカのベンチャー事業は移民によって支えられているんだなーと。Bill Gateにも、Steven Jobsにも、Scott McNealyにも、Gordon Mooreにも殆ど全ての成功している企業のファウンダーには優秀なパートナーがいる。基礎となる人材が、成功への重要なポイントの1つだと確信しました。

Advertisements

4 thoughts on “Founders At Work (2) Hotmail

  1. 悩み始めたら、とにかく紙に書いてみるというのが実は重要な気がします。そうすることで客観的に見直すこともできるし、他の人からの意見をもらうこともできるように思います。

  2. コメントどうもありがとう。

    ちょっと話がずれてしまいますが、ソフトウエア・エンジニアだったら、Crystal Clearなコードを書くってのもありかも?

  3. ソースコードそのものが仕様書みたいになるような、クラス/メソッド/プロパティetcのNaming Conventionとか、複雑なことをしないCoding規約でしょうか?

    独りでProgrammingしてるとどうしても変な思考ループに入り込んで難解なルーチンを書いてしまうときもあるので、XPなどではPair Programmingなどで「他人が見ても良くわかる独りよがりでないコード」になるようになっていますよね。

  4. 私の文章が分かりにわかり難いですね。透明性が特別高いという意味でCrystal Clearという単語を使いました。
    実際には、ソースコードが仕様書の代わりを果たすことは無いと思います。しかし、読み手がソフトウエア・エンジニアの場合は、読みやすい、理解しやすいコードは仕様書などのドキュメントの代わりをはたすのかなと。
    プロダクトのデモなどは、どんなセールス・トークや、マーケティング資料、プロダクトの仕様書などよりも効果がある場合が多々あります。ソフトウエア・エンジニアだったらまず、動くコードを書こうよってサジェションです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s