ディレクトリと タグによる分類 (その2)

ディレクトリ(フォルダー)を利用した分類方法と、タグによる分類方法の違いに付いての考察

下記は個人で使う場合に付いて考えています。

大きな違いは次のように思います。ディレクトリーはコンテンツ(リンクなど)が登録される前に存在し、コンテンツを分類する人が意識してコンテンツをディレクトリーに格納しなければならない。タグは、登録されるコンテンツに付随して付けられ、分類者が好きなように好きなだけタグを付ける事が出来る。この違いから、ディレクトリーを用いた分類は比較的整理されていて、分類者に分かり易い、コンテンツを探しやすいシンプルな構造になっている。タグは分類者がコンテンツごとに好き勝手に付けられるので、タグにエラー・ノイズが混じりやすくなってしまう事。

タグによるエラー・ノイズに付いて:

  1. 例えば、Web2.0というタグを付ける際に、ある時は、”Web2.0″、またある時は、”ウエブ2.0”、またある時は、”ウエブ 2.0″と付けてしまい、この3つは”Web2.0″を示しているのに、ソフトウエアを解した際にまったく違った3つのタグとして認識されてしまう事。タグに一貫性がない。
  2. その他の例では、タグを付ける際に推敲を惰り、意味のないタグを付けてしまう事

これらのエラー・ノイズがあると、コンテンツを探し憎くなる欠点があるように思います。

ソーシャルネットワーク・ブックマークのように多数の人が多数の情報を分類するケースでは、上記の考察は当てはまらず、エラー・ノイズが無視できる程小さくなり、タグによる分類方法が良い効果を生み出しています。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s