第3定理「技術者の眼」の中から

ウェブ時代 5つの定理の第3定理「技術者の眼」の中から印象に残った言葉

私は根っからの、テッキーナードだ。そして科学を愛する。
科学はリソースを何乗にも膨らませるから。
正しい方針と正しい市場環境は必要だ。
でもケタ違いにリソースを膨らませるのは科学だけ。
科学は、何かを10%や20%良くするのではなく
100倍良くする可能性を秘めている。

私はその力に興奮を覚える。── ビノッド・コースラ

At heart, I’m a techie nerd. I love science because it’s a huge multiplier of resources. You need the right policy. You need the right market environment. But the one thing that multiplies resources by a factor of 10 is science. It has the potential to do something not 10 percent better or 20 percent better but 100 times better, and that power is what’s so exciting to me. ──Vinod Khosla

文藝春秋|梅田望夫著「ウェブ時代 5つの定理」|ビジョナリーたちの名言リンク集 第3定理「技術者の眼」

過去の偉大な人々は 科学を用い何度も100倍良くなるソリューションを提供してきた。これは事実である。インターネットの出現は既存の情報共有を100倍?1000倍?10000倍?以上向上させた。自分(達)も日々の努力の中から、100倍良くなる可能性を発見出来ると信じて粘り強く続けるしかない。Linearの向上じゃなくて、Quadraticな向上を信じて。

————————————————————

第3定理の中に、Paul Grahamの、ハッカーと画家からの引用がある。第3定理に引用された「ハッカーと画家の共通点」よりも、違う部分をPaulはハッカー(プログラマー)として伝えたかったのだと思う。

Paul Grahamはハッカーと画家は、良い作品を作る際の、”Methodology”が似てるという事をハッカーかつ画家として言いたかった。(私の意見)

ハッカー(プログラマー)と画家は作品を作る上で似ていると。殆どの画家は部分部分を書いていく事によって全体を書くような事はしない。たとえば、レンガ の建物を描く際に、レンガ一つ一つを描いていって全体を構成するような事はしない。レンガ一つ一つを描く作業はつまらないし、半分も書かない内にその絵を 描くのに飽きてしまうからだ。 そんな絵はつまらない絵になってしまう。殆どの画家は全体のスケッチを描いて、全体の構成を描いてから部分部分を描いていく。ハッカーも同じで、部品から 作り始めると、中々全体を通して動く物を作る事が出来ないし、興味もだんだんうすれ、途中で挫折してしまう。ハッカーもすぐ動く物を作って、少しずつ改善 していくアプローチの方が成功するものづくりが出来ると。上手に日本語化できなかったので、原文の一部を下記に載せときます。全文は下記のリンクにあります。

Morale is key in design. I’m surprised people don’t talk more about it. One of my first drawing teachers told me: if you’re bored when you’re drawing something, the drawing will look boring. For example, suppose you have to draw a building, and you decide to draw each brick individually. You can do this if you want, but if you get bored halfway through and start making the bricks mechanically instead of observing each one, the drawing will look worse than if you had merely suggested the bricks.

Building something by gradually refining a prototype is good for morale because it keeps you engaged. In software, my rule is: always have working code. If you’re writing something that you’ll be able to test in an hour, then you have the prospect of an immediate reward to motivate you. The same is true in the arts, and particularly in oil painting. Most painters start with a blurry sketch and gradually refine it. If you work this way, then in principle you never have to end the day with something that actually looks unfinished. Indeed, there is even a saying among painters: “A painting is never finished, you just stop working on it.” This idea will be familiar to anyone who has worked on software.

Design and Research

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s