「パラダイス鎖国」を読んで-その1-メモ

パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本を読み終えた。このエントリーは自分の為のメモとして。

メモ1(ページ044辺り)

ハードウエア産業における2つのグローバル化公式

  1. 数の多いほうが勝ち
  2. グローバルブランドの確立と維持

ハードウエアの生産にはソフトウエアと違いコストがかかる。数を作れば作るほど一台当たりのコストが安くなる。そこに競争力が生まれる。ブランド力があれば少しくらい高くても買ってもらえる。この二つはソフトウエア及びインターネットビジネスにも当てはまる。ソフト及びネットビジネスは、コストは数に限らず、限りなく一定である。ソフトウエアであれば、お客さんに納品するコストは、CD一枚?送料?ダウンロードの為のホスティング代?ネットビジネスであれば、ウエブ・ホスティング代?ハードと比較すると限りなくゼロに近い。しかし、ニッチなものを除き、基本的にはマーケットシェアを取った1つ・2つの企業しか生き残れないので、ソフト・ネットビジネスでも、1の数は大事である。2は基本的にどんなビジネスにも当てはまると思う。お客さんはブランド力のある企業から商品を買いたいものである。ブランド力は信頼と言う言葉と置き換える事ができると思う。

メモ2(ページ056辺り)

高度成長期の日本企業は、欧米の技術を学んで自社開発し、高品質・低コストの製品を作り、先進国に輸出していた。しかし最近はそれをしない。(<-本の中に直接はこうは書いてない。自分の意見込み)

ソフトウエア・ネットビジネスに関してこれをしないのは、そうする事が難しいからではないかと考える。ハードウエアに関しては、韓国、台湾、中国からより高品質で低価格な商品がでて来る。しかし、インド・中国から低価格で高品質なソフトウエア・ネットビジネスが出て来たとは聞いた事がない。ソフトを開発する為の人員はインド・中国から供給されているが。日本も同様、ソフトウエア・インターネット関連ビジネスに関してはこうする事が難しいのではないか?たとえばオラクルより2倍速いデーターベースをオラクルの半額で売るなんてのはかなり難しい(殆ど無理?)。

メモ3 (ページ123辺り) メモ1の2つの公式は今の時代にあわなくなっている。そこで著者は下記のアプローチを提案している。

「試行錯誤戦略 (けもの道戦略)」

日々、試行錯誤して生きて行くというのもありかもと思えるが、絶えず試行錯誤するのも辛い時もあると思う。そこで、似てるけど、ちょっと違う僕の提案。イノベーションを生み出すために、Googleには「20%ルール」がある(Wikipedia: Google Innovation Time Off)。Yahoo!には「HackDay」がある(Wikipedia: Hack Day)。エンジニアは、絶えずイノベーションを起こそうと行動しているのではなく、普段は自分がやらなければならないことをやり、Googleの場合は20%を何か違う物に費やす時間があり、Yahoo!では、みんなで集まってHack(イノベート)する日があるのである。絶えずイノベーションを起こす事が仕事という人もいるとは思うが。この方法を個人に当てはめると、自分のプライベートの時間の20%を何か新しいものに費やすとか、月に一日、個人Hackの日を設定するなどして、新しい事を始めたり、学んだり、作ったり、考えたり、何か行動する時間を作ったりするのも、一つの手だと思う。

海部さんを見習って、この戦略にコピーを考えた。「個人イノベーション・タイム・オフ戦略」、「個人ハック・デイ戦略」。ちょっと今一だなー。

Advertisements

3 thoughts on “「パラダイス鎖国」を読んで-その1-メモ

  1. Pingback: 「パラダイス鎖国」を読んで-その2-自分について

  2. > ソフト及びネットビジネスは、コストは数に限らず、限りなく一定である。
    パッケージの製品にこの法則は当てはまりますが、コンシューマー向け Web サービスに関しては逆のになると思います。サービスをホスティングする費用はお客様が増えるほどコストも増大します。しかも、最近の Web サービスは広告が収入源なので、使用ユーザーか多数でないと成り立たないシステムが多い。難しいところです。

  3. ハードウエアに比べれば、コンシューマー向けWebサービスのコストは低いと思います。その分売り上げも低いとは思いますが。
    Webホスティングの料金は、CPU、メモリのサイズ、ハードディスク、及びデータ送受信の量で決まるので、ユーザーが増えればその分コストもあがります。テキストベースのサービスより、写真サイトの方がコストがかかるし、動画サイトはさらにコストがかかります。おもてなしの経営学の中のニコニコ動画の西村さんは、ユーザーが増えるほどにコストがかかるので、ビジネスとしては難しいって言っていたように思います。
    多分、Webサービスが広告に収入を頼っているのがビジネスを難しくしていると思います。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s