ギャップイヤー (gap year)

ギャップイヤー

今日まで知らなかったこの単語。中々良い単語を教えて頂いた気分になった。簡単に言うと、人生のつなぎ目に、見聞を広げる為に知らない国を旅したり、普段やらないような事に時間を費やす事が、その人の視野を広げ良い効果をもたらす。

そういえばAppleのSteve Jobsも起業前にインドを放浪していたし、Yahooのファウンダーも起業以前に日本に行ったりしていた。

ちょっと自分の話を、今でも英語力は弱いが、学生の頃、社会人になりたての頃は、今よりもかなり弱かった。それが理由で海外旅行を20代半ばまでした事がなかった。要するに海外に興味がなかった。日本でずっと生きていこうと思っていた。しかし、ひょんなきっかけで、俺も、バックパック担いで一人旅するぞーと東南アジアへ2週間の旅に出た。その頃読んだ、写真家の一人旅の旅行記に影響されたからかな?何度も読んだ記憶がある。その人は、台湾から始め、アジアを抜け、ヨーロッパまで旅をしていた。その頃自分が一番行ってみたかったのはインドのバラナシである。インドで一番神聖な場所。結局一度も行かなかったが。1年に1度、2週間の旅を4回続けた。アジア2回、ヨーロッパ2回。2週間の旅だし、会社に勤めていた状態なので、ギャップ・ライフとは正式には言えないのであるが、自分にとってはそのようなものだった。4回続けた後に、とうとう、自分にとってはちょっと長めのギャップライフのつもりでアメリカに渡った。そのまま居ついてもう8年。ギャップライフもどきの2週間の海外旅行をしていなかったら、今の自分はないと思う。

ギャップイヤー・ギャップライフに付いては茂木健一郎 クオリア日記:ギャップ・ライフで読めます。これは、フューチャリスト宣言の189ページとほとんど同じものです。

フューチャリスト宣言、梅田望夫さんの名前に引かれ購入したのだが、この本の自分にとっての価値は茂木健一郎さんを知れたことがである。日本に帰ったら、プロフェッショナル仕事の流儀をぜひ見てみたい。YouTubeにぜひ載せて欲しい。

この本(フューチャリスト宣言)を読む前にDanKogaiさんの書評(404 Blog Not Found)を読んでいたのでバイアスがかかってしまっていたのかも知れないが、この二人の組み合わせでは、意見の合う二人という組み合わせで、読んでいてちょっと不満が残る。次は梅田さんに対して反対意見をはっきり言う人と対談して欲しい。個人的な希望では小飼弾さんとして欲しい。

今日の一文 - 6月24日

学ぶ喜びって、限界がないんですよ。

フューチャリスト宣言 150ページ、15行目より

上記の言葉は、茂木健一郎さん(脳科学者)の言葉です。

今まで、自分は、なぜ人は学び(勉強)続けるのだろうと考えていて。自分の考えは、「世の中には学ぶべき事、学ぶ対象が非常に多くあり、人は学んでも、学んでも満足感に浸れないから学び続けるのだ」と考えていた。別の言い方をすると「学ぶ対象が非常に多くあり、人の興味が次から次へと沸き起こり、学びに終わりがないのだ」と感がえていた。要するに、学んでいる人の問題というよりも、学ぶべき対象の数によるのではないかと。これを書いている間にも、新しい学びの対象もどんどん生まれているし。

茂木さんの上記の一文を読んだ時、「学ぶ喜びに限界がない」と捉えたほうが、「人が学び続ける理由」としてポジティブでしっくりくるなーと思ったのでした。人間って学ぶ事に喜びを感じるようにプログラムされているんだと。

今まで、学ぶ事、勉強する事が、感覚的に「楽しい」事だとは分っていたのだが、この事が学び続ける理由となるかは疑問でした。

「人は学ぶ事に喜びを感じ、それには限界がない」と知った事は今日の大きな収穫です。

今日の一文:6月23日(フューチャリスト宣言より)

それでも、未来にどのような思いを抱くかで、今日の生き方が変わってくる。希望を抱くのか、絶望するのか、楽天的なのか、悲観的になるのか。人間の脳というものは不思議なもので、「これからは大いに有望だ」と思うとそのように活動し、「あまり良いことはない」と思うとそんな風に活動する。

フューチャリスト宣言 ページ009「はじめに」より

blinkはまだ読みかけだが、今日この本が日本から届き、ページをめくり始めてしまった。めくり初めて、いきなり1ページ目に上記の文を見つけた。簡単に言い換えれば、「ポジティブ・シンキング(Positive Thinking)」なのであるが、上記の様な言い回しで書いてあると、新しいものを発見したような気分になった。

この本は、梅田望夫・茂木健一郎共著。上記の文章はは茂木健一郎さんによるもの。

茂木さんのはじめにをよんで、子供の頃、鉄腕アトムをTVで見て、未来を夢見ていた事を思い出した。茂木さんが書いているように、構想・予測と現実は中々一致しない。子供の頃は、なんか大きな事を夢描いていたような気がする。年を取るにつれて、夢のサイズが小さくなり、現実的になって来ているようだ。ここは再度、大きな夢・構想を持つ時なのかも?

梅田望夫さんの文章は英語で読むITトレンドから読み始め、彼の本もこれで4冊目を読んでいる。彼の本が自分にとって良い点は、本を読みながら考えさせられる事。イチイチ色々考えるので、日本語の本の割には中々前に進まないのであるが、読んだ充実感もある。彼のIT関連の現実を分析する能力は凄いものがあると感じる。今回の本もおもしろいし、ためになる。

「フューチャー」 = 「未来」 -> 「夢」 (自分の中の方程式)
僕にこの本は夢を抱かせる。