初ハーフ・マラソン@サンフランシスコ

今年の年初にサンフランシスコでフルマラソンを完走するとという目標をたてて7ヶ月、途中、フルマラソンからハーフマラソンに、目標を切り替えたりしたのですが、今日がそのマラソンの日でした。(The San Francisco Marathon) 今日は、朝4時に起きで、スタート地点に車で向かいました。5月にBay To Breakers (12km)を走っていたので、何となくマラソン大会の雰囲気とか段取りとか分かっていたので、スタートまでは結構スムーズでした。コース地図 (1st Half Marathon Course Map [PDF]) 6時ちょっと過ぎにフェリービルディングの前をスタートし、少し走ると、左手にコイトタワー。もう1マイルほど走ると、右手にフィシャーマンズワーフ、霧がかっているが、遠くにゴールデンゲートブリッジが、かすかに見える。コツコツ走っているとそのゴールデンゲートブリッジに到着、夏場の朝なので、霧がでていてあまり前が良く見えないが、橋を往復。その後、足が痛くなりペースダウン、しかし、その後、きつい登り坂が待ち受けていた。その後は、足が痛いがなんとか走り続けてゴールデンゲートパークでゴール。ゴールした瞬間は、完走したことによる解放感を感じ、完走者メダルを掛けてもらった瞬間は結構うれしかった。その後、自分はハーフマラソン参加なので、バスで、フルマラソンのゴールに向かう。フルマラソンのゴール地点では、僕が貰ったメダルの5倍位大きいメダルを首に掛けている人がいる。そのメダルは、フルマラソン完走者用のメダルでした。それを見た瞬間、悔しさが込み上げ、来年こそはフルマラソンを完走するぞと心の中で誓いました。その後はフルマラソン参加の友人達と落ち合い。記念撮影をして帰って来ました。何とか、完走という目標を達成できてよかったです。サポートして頂いたり、励まして下さった皆様どうもありがとうございました。

ちなみにタイムは、2:14:01 (13.1 miles)でした。ペースは、10:14 (1mile)です。まあまあかな?

Advertisements

New Year Resolution 2009

毎年、新年の抱負(New-Year Resolution)を決めても、なかなか行動が伴わないのであるが、今年変えたい、生活習慣や、達成したい物事を考える事によって行動を起こせる場合もあるので、2009年の抱負に付いて考え書き出しました。

1)健康・食習慣

  • ソーダ(コーラなど)を会社で飲まない。ソーダ類は糖分が高いので。
  • 6階のオフィースに向かうのに階段を使用する。一日最低2回。
  • ジムに週1回は行く。

2)ライフ・ハック

  • 大きなゴールを達成する為に、小さな達成しやすいマイルストーンを設定するよう習慣化する。小さいマイルストーンの達成の積み重ねによって、より大きいゴールを達成する方が達成度が上がるので。

3)学習

  • 最低6冊の技術書及び6冊のビジネス書を丁寧に読む。
  • Information Retrieval (情報検索)に関して理解を深める
  • Machine Learning (機械学習)に関して理解を深める
  • Perlプログラミングスキルを向上させる
  • Pythonプログラミングスキルを向上させる

4)サイド・プロジェクト

  • 2個目の個人ウエブ・サービスを開発する。(予定:レシピ・献立検索エンジン)

食べログ:特選都路里パフェ

今日は昔の仲間と一杯(本当は3,4杯)飲んだ後、友人お勧めのお店にお茶をしに行く事となった。行ったお店は、茶寮都路里、汐留店。京都のチョー有名お茶屋さんらしい。女性客が大半である中、30代後半の野郎3人で、特選都路里パフェを食べた。これも友人のお勧め。一言で言うと、豪華抹茶パフェ。中に栗とか入っていて中々おいしい。カメラは持っていなかったので、写真が取れず残念。代わりに、Flickrで見つけたパフェの写真と、お店の紹介用イメージへのリンクを下記に張りました。

Yahoo!イメージ検索で都路里パフェを探す。

質問:さてお値段はいくらでしょう?
正解:1400円。
今まで食べたパフェの中で一番高かった。

Django 1.0 released after 3 years

Django 1.0 released!

今日、最近利用しているDjango Web Frameworkのバージョン1.0のリリースのお知らせがあった。その中で、「プロジェクトを提供し始めてから、バージョン1.0のリリースにたどり着くまでに、3年の歳月がたった」の一文があった。やはり、何かを成し遂げる為には、ある程度の期間1つの事にコミットする必要がある。それって中々出来ない。それを成し遂げたDjangoプロジェトのメンバー、コミュニティーはすばらしい。

最近、ブックマーク・サービス開発(サイド)プロジェクトの他に、また別の(サイド・サイド)プロジェクトを始めてしまっていた。これではイケナイ、ブックマーク・サービスを何とか形にしなければと考えていたところに、このDjango1.0リリース文を読んだ。これは1つの事に集中しなさいという事だな。今日から気持ちを新たにがんばります。

肉の日と同じコンセプトね

前置き:何時も利用させていただいている日本食材屋さんでは毎月29日が肉(ニク)の日である。要するに肉の特売日。29日が肉の日であるのは知っているのだが、29日にそのスーパーには多分行った事はないと思う。前置きおしまい。

本題:僕のブックマーク・サービス・プロジェクトは、24時間では完成しなかったので、最近もコツコツ、毎日1、2時間程取り組んでいる。基本的な部分は出来ているので、今日、妻にちょっと使ってみてと頼んだ。そして快諾してもらった。まずはドメイン名の説明。ドメイン名は、you29.com、YOU+2+9で”ユニーク”って発音するんだよ”と説明をした。その説明への返事が、”肉の日と同じコンセプトね”だって。さらに追い討ちをかけるように”君の肉ってことか”だって。YOU=>君、29=>肉。語呂合わせでも何でも覚えやすければいいや。

ブックマーク管理ツール:you29.com

ハッカー(Hacker)適正ないかも

ハッカーになろう (How To Become A Hacker) by Eric Steven Raymondを、今日まで読んだ事がないことじたいに、自分にはハッカー適正がないのかも知れないが。

昔は、将来のキャリア・パスとして、エンジニアリング・マネジャーになりたいとか、ソフトウエア・アーキテクトになりたいとか、思い描いていたのだが、ポール・グラハムの本とかエッセーを読み始めた頃から、「ハッカーです」って名乗れたら、良いなんて思い出した。かなり子供っぽい願望ですが。(注)コンピューターを使って悪い事(情報を盗んだり、書き換えたりする)をする人達は正式にはクラッカーと呼ばれ、ハッカーとは区別されます。

本題に戻ります。昨日、上記のHow To Become A Hackerを読んだ。そのエッセイの内容は、「どうしたらハッカーなれるのか」

まずは心構え

III. ハッカー的心構え

  1. この世界は解決を待っている魅力的な問題でいっぱいだ
  2. 同じ問題を二度解くような無駄はいやだ
  3. 退屈と単純作業は悪
  4. 自由は善
  5. 心構えは技能の代用にはならない

心構えの部分に関しては、そんなに問題ないかな。

次に腕(技術)

IV. 基本的なハッキング技術

  1. プログラミングを身につけること。
  2. オープンソース UNIX 類のひとつを入手し、使いかたと動かしかたをおぼえること。
  3. World Wide Web を使う方法を学び、HTML を書きなさい。
  4. まともに英語ができないならば、身につけなさい。

Ericは、プログラミング言語に関して、Python,Java,C/C++,Perl,Lispの5つの言語を身に付ける事を進めているので、この辺りは努力が必要。真のハッカーを名乗るにはやっぱりLisp読めたり・書けないとダメかな?ポール・グラハムもYahoo!Shoppingの前進である、ViaWebをLispで作ったし。英語に関しても、昔よりはましだが、努力が必要。技術に関してもなんとかなりそう。

V. ハッカー文化での地位

  1. オープンソース・ソフトウェアを書く
  2. フリーソフトウェアのテストやデバッグを手伝う
  3. 有益な情報を公開する
  4. インフラが機能し続けるように手伝う
  5. ハッカー文化そのものへの貢献

オープンソースは使うけど、全く貢献できてない。ギブ・アンド・テイクじゃなくて、自分はテイクばっかりだ。何とかしないと。

根本的に僕はハッカー向きじゃないなっと思えたのが次の項目

VII. ハッカースタイルの要点(多くのハッカーは以下のようなことをやっていますし、それがハッキングの真髄に本質的に通じるものがあると感じています。)

  • SF を読むこと。SF 大会に参加すること(ハッカーやハッカーの卵たちに出会ういい方法です)。
  • 禅や武道を学ぶこと(その精神面は深いところでハッカー精神と共通しています。)
  • 音楽を分析的に聞く耳を鍛えること。一風変わった音楽がわかるようになること。なにか楽器を上手に演奏したり、歌が歌えるようになること。
  • だじゃれや言葉あそびへの理解を深めること。
  • 母語できちんと文が書けるようになること(わたしが知っている最高の連中を含め、ハッカーの驚くほど多くは物書きとしても有能です)

まず、SFは殆ど読んだ事がない、正直に言うとあまり興味を持っていない。シリコン・バレーにいるハッカー、ギークのようにStar Warsにそれほど思い入れもないし。禅とか武道もあまり興味をもてない。ソフトウエア関連の人には楽器が出来る人が多いのだが、僕は昔から音痴でリズム感がなく、音楽はダメダメ。この部分に関してはコンプレックスあり。最後に僕には文才がまったくない。この項目を読んだら、僕にはハッカーとしての基本的な資質が全く無いような気がしてきた。

ハッカーとしての資質はなくても、今後もがんばってHackerを目指して行きたい。

PASCAL & FORTRAN

7月4日はアメリカの独立記念日で、会社の元ディレクターの家にBBQに行った。コンピューター関連の人が多く、よく大学の話になる。若者と自分の会話:

若者: メジャーはコンピューター・サイエンスですか?
自分: いいえ。機械工学です。
若者: 大学時代にコンピューターに関連することをなにか学んだのですか?
自分: パスカル(PASCAL)とフォートラン(FORTRAN)を少し。
若者: 何ですかそれ?
自分: パスカルとフォートランに付いて説明を始める。

えーーーー、知らないんだ。PASCALとFORTRAN。。。。。。
多分、7、8歳の年の差があると思うのだが、今時の人はPASCALとかFORTRANとか知らないんだ。時代の流れの速さを感じた。