あるソフトウエアエンジニアの歴史

The American Dream: 17 Years of Engineering Software

MIT Pressから発行されているアルゴリズムの本:Introduction to Algorithmsのイメージが表示されているという理由だけで読み始めたこのReadWriteWebのエントリー。このエントリーはAlex Iskoldsさんの17年間にわたる(学生時代込み)、ソフトウエアエンジニアとしての歴史。なぜか、偶然にも、彼のキャリアと自分のキャリアで似ている部分が多々あるので、大変気になって。彼のキャリアの歴史は1994年4月にゴールドマンサックスでassociate programmer analystとして始まる。それは偶然にも僕と似ている。僕も同じ1994年4月、日本の証券会社のシステム部門でSEとしてキャリアを始めた。ゴールドマンサックスで彼は、C言語、UXIX、Windows X, Motif, Sybase, SQLなどの技術を使って金融システムの開発をする。僕も、全く同じで、C言語、UXIX、Windows X, Motif, Sybase, SQLなどの技術を使って証券の取引システムを開発していた。彼は当然アメリカで。僕はその頃は日本で。Alexは次の会社でC++とかObjected-Oriented Programmingを学び、開発に従事していた。偶然にも僕も2社目の会社でC++、Objected-Oriented Programmingを学び、開発をしていた。その後、Alexは長い間、Java、J2EE関連の仕事をする。僕もBostonのスタートアップでJava、J2EEに触れ、それにはまった。Alexは2006年からWeb関連の新しい技術(JavaScript、PHP、もろもろ)に飛び込む。自分もWeb関連技術に移行中。Alexは2社も会社を起業していて、多分サクセスフルな人生を歩んでいると考えれるので、その部分は自分とは違う。が、同じ年の同じ月に、C言語、UNIX、X Windowからキャリアを始めた事が妙に気になった。

世界一の研削盤を目指してきたら

世界最大級の望遠鏡レンズを研削でつくるマシンを開発した男たち

パラダイス鎖国 」を読んでから、毎日「パラダイス鎖国」状態を打開する為のソリューションを知らない間に探している。多分答えは一つではなく、様々な答えがあるのだと思う。日経BPで紹介されているナガセインテグレックスの方々が通って来た道が一つの答えとなるのではないか?自分達を信じ、一つの事(研削盤技術)を磨き続け、その世界で一番になる。その磨き上げた技術(力)が、一つのきっかけを通し、世界で認知される技術となった。内容は日経BPを読んでください。ナガセインテグレックスの方々がやってきた事は、日本が得意とする「改善&効率化」であり、「パラダイス鎖国」の中では「改善&効率化」では、現状は打破できないのではないかとの意見もある。しかし、「改善&効率化」を繰り返して行き、臨界点を超えたとき次のステージに到達する事ができるのかも知れない。

自分達、個人個人が、自分を信じ、自分が信じた物を磨いていく事が遠回りのようで、意外と近道だったりするものなのかな?多分、自分達に足りないものは、奇抜なアイデアではなく、自分(達)を信じることなのかもしれない。

最後ににナガセインテグレックスの方の言葉を載せます。

「何にもないところから、世界一になろうとバカみたいに言い続け、本気で信じてやり続けてきた。それが大事。自分が信じなければ、誰も信じてはくれません」

(追記) 自分は大学生時代、機械科だったので、自動化されていない旋盤で、マテリアルの表面を磨いていた経験がかなりある。僕にとって、それはかなりつらい作業だった。ナガセインテグレックスの方々の費やした努力は凄いものである事は簡単に想像できる。言葉で言えば、一行、「旋盤技術を磨いてきた」。でも、その中身は、マテリアルを旋盤に設置し、何度も何度もその表面を磨き、失敗したら、最初からやり直し、その繰り返しを何度何度もやったのだと思う。単調作業もかなりあるだろうし、重労働もかなりあったと思う。そのつらさから逃げなかった、ナガセインテグレックスの方々はかっこ良い。「ものづくり日本大賞」受賞おめでとうございます。

「パラダイス鎖国」を読んで-その2-自分について

パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本を読み終えた。このエントリーは本を読んでいる間に考えた自分の事。前のエントリー「パラダイス鎖国」を読んで-その1-メモとはぜんぜん違う内容です。

本を読んでいる間に、僕も昔はパラダイス鎖国状態であった事を思い出した。全く海外に興味がなかった。では、どうして自分はパラダイス鎖国状態ではなくなったのか?

開国前(鎖国状態):高校生の時までは東京が僕の憧れの土地であった。海外を含め別の地域などには興味がもてなかった。大学生時代、その日その日を生きるのに精一杯だった。海外の事など考えようともしなかった。社会人最初の1、2年、海外の事を考えるような状況になかった。英語が出来なかったので、その影響もあると思う。海外旅行に行こうとも考えた事がなかった。

開国前後:社会人2、3年目の頃、バックパックを担いで日本からヨーロッパまで一年かけて旅した写真家の本を読んだ。その人の困難を乗り越えながら新しいものに出会う、彼のライフスタイルに憧れた。自分の知らない土地に憧れ始めた。自分の知らない人に出会ってみたくなった。友人二人が海外旅行を経験した。それを聞き、僕も人生で一度くらい海外旅行をしなければと思った。バックパッカーの聖地、タイ・バンコクのカオサンの安宿街に泊まってみたかったが、初めての旅行でそんな勇気もなかったが、バックパックを担いで1ッ週間弱だと思うがタイを旅した。パスポートを確認したらそれは、1995年9月24日だった。その頃はバック・パッカーに強い憧れを持っていた。テレビでは猿岩石がヒッチハイクの旅をして人気を集めていたと思う。

開国後:初めての海外旅行を経験すると、勢いがつき、ヨーロッパなどをバックパックを担いで旅して回った。バックパッカーと言っても、Max2週間の旅である。会社で休める範囲で行動していたので、連続2週間がMAXだった。パリで出会って一日だけ一緒に行動したマイアミに住んでいたアメリカ人の家とかにも泊まりに行った。この頃、英語の勉強も始めた。TOEICのスコアだけ見ると勉強の効果はなかった。仕事では、外資ソフトウエア会社に転職した。そこには最先端の技術が詰まっていると想像したから。そこで若干海外のエンジニアとのコミュニケーションが始まる。アメリカのソフトウエア会社に付いて書かれた本、ソフトウエア開発にまつわる話などを読み、影響を受け、アメリカでのソフトウエア・エンジニアのポジションに興味を持つ。そして、アメリカへ移住。

振り返ってみると、若い時の僕は意識的に鎖国していたわけではないが、結果として鎖国状態になっていた。理由として、その時期には自分が興味を持てる海外の情報が僕の所になかった。要するに、海外に付いて知らなすぎた。開国日は、初めての海外旅行だとおもうが、その行動を取った理由は、自分だって一度くらい海外旅行を経験しないととか、バックパッカーに憧れたとかそんなものだった。その後は、自分の興味に任せて拡大しつづけたのである。アメリカに移住したのは、アメリカに憧れたのではなくて、アメリカのソフトウエア・エンジニアというポジションに夢を持てたのが理由である。

はてなスターをブログに設置

読者が少ないのに、怖いもの見たさで、はてなスターをブログに設置してみた。
設置方法は下記を参照

2007-07-07 はてなスターをブログに設置するには

このブログにはWordpressを使っているのと、Themeがカスタムなので以下の変更が必要だった。

  • タイトルのタグが<h3 class=”h1″>なので下記のラインをheader.phpに追加Hatena.Star.EntryLoader.headerTagAndClassName = [‘h3′,’h1’];
  • もう一つシングルエントリーのケースのタイトルタグは<h1>だったので、メインのタイトルとタグを同じにする為に<h3 class=”h1″>に変更。

またTheme変えてしまいました。
あと、Flickr Badgeもサイドバーに追加

Flashの勉強再開

Flashの勉強を再開しました。Flickr APIでイメージを検索して、ランダムにイメージを表示するFlash。下に表示されているイメージはクリックして上に持ってくる事が出来る。

使用方法:テキストフィールドにキーワードを入力、そしてEnterキーをタイプ。

WordPress 2.5にアップグレードしたのだが…

たった今、WordPress 2.5に、このブログをアップグレードしたのだが、アップグレードした直後、何も表示されなくなって、顔面蒼白。あーー、バックアップとればよかった。結果としては、色々いじくっていたら、表示されるようになった。

問題はThemeの設定にあった。僕はカスタムのThemeをインストールして使っている。アップグレードする際に、インストールガイドに書いてあるように、全てのファイルを削除した。その際、一緒にThemeも消した。しかし、データベースは以前のThemeを参照したまま、新しい2.5には当然カスタムのThemeは入っていない。よって何も表示されなかった。WordPressをアップグレードする際に、全部ファイルを削除するつもりでしたら、アップグレードする前に、Themeをデフォルトのものに再設定する事をお勧めします。同時にまた新しいThemeに変えてみました。気分転換。

キャリアは作るな、巡り合いに賭けよ

キャリアは作るな、巡り合いに賭けよ

「キャリアって、自分で計画して、自分で方針を決めてやる、それではうまくいくわけがない。やっぱり人生は巡り会いだし、日々一生懸命やっていれば周りが育ててくれるという世の中なんだ」

頭が柔軟で、自分で考え、決断し、努力して来た人の言葉はおもしろい。一般の人達が言う言葉の全く反対の事を言う。原田さんが伝えようとした事は、ただ単に「運に任せて」ではなくて、努力した上で世の中にはさまざまなOpportunityがあるから臨機応変にそれをつかもうよって事だとおもう。昔からOppotunityの神様は前髪しか生えてないから、Opportunityを真正面から捕まえなかればならない。後ろから捕まえようとしても、後頭部ははげてるから、つるつる滑ってつかめないよって言われてる。

「ウエブ時代5つの定理」を読み始めた

昨日、注文しておいた「ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く!」(梅田望夫著)が本屋に届き、受け取ってきた。今日、娘が珍しく昼寝をしたのでその間に第1定理を読んだ。

本の一番最初に「High-Tech Ventures: The Guide for Entrepreneurial Success」(C. Gordon Bell著)からの切り出した文が喝采されていて驚いた。なぜ驚いたかって?僕は10年程前ダメダメな英語力でアメリカに渡って来た。その当時、知り合いも殆ど居なかったので、週末はよくBorders(本屋)でコンピューター・コーナーかビジネス(起業)コーナーで本を取っては、ぺらぺらめくっていた。その頃は本を読む英語力がなかったので、本当にぺらぺらめくっていただけだった。なぜビジネス(起業)コーナーかと言うと、起業を夢描いていたので。この夢は未だに実現していない。ぺらぺらめくった本の中に「High-Tech Ventures」があった。その当時この本の中には何か特別な事が書いてある気がした。この本を読んだら起業できる気がした。そして買って、家に持って帰った。あまりにも英語力がなくすぐ挫折。今日開いてみたら、Preface7ページ、Chapter1を15ページ読んでいた事が判明。ページの中に英単語の日本語訳がそこらじゅうに書いてある事から。それ以来、10年間、いつか読まなきゃ、この本の中には絶対重要な事が書いてあると思いながら、引越しのたびに持ち歩いて、今でも家の本棚の重要なところに置いてある。 今日「ウエブ時代5つの定理」を読み始めたら、一発目に「High-Tech Ventures」からの引用ではないか?僕が良い本だと思い込んでいる本(実際には読んでないので分からない)を、梅田さんが10年以上前(←?)に読み、影響を受けていた事に驚いた。梅田さんがこういった本に影響を受けている事が、僕が「英語で読むIT記事」以来、梅田さんの文書を読み続けている理由なのかなと少し思う。梅田さんがこの本をどのようなきっかけで読んだのか?どのような気持ちで読んだのか?凄く気になる。同じシリコンバレーに住んでいるので、いつか梅田さんに会える機会がいつかあると思うのでその時聞いてみたい 。今こそこの本を読みなさいとの神のお告げのような気がした。

マイクロソフトのサイトでHigh-Tech Venturesの全文が読めるようです。興味のあるかたはどうぞ。
http://research.microsoft.com/users/gbell/High_Tech_Ventures/

Chumby届きました

アラスカで行方不明になっていましたが、今日突然届きました。輸入審査かなにかで、数日足止めを食らってたみたいです。

入っていたもの

  • 本体
  • 電源
  • 麻の袋
  • Chumby charms (set one)
  • 薄い説明書

最初に電源を入れると起こること

  • Chumbyが喋りだす。
  • 自分で自分自身の説明をしてくれる。[iRobot(掃除機ロボット)を買った時も自分で説明してくれたような?そんな気がする。]
  • 設定画面に移動。
  • ワイアレスの設定。
  • WebからMy Chambyのアクティベーション。
  • デフォルトのチャネル設定で動き出す。
  • Webからチャネルと作り、好きなウエジットを設定する。
  • コントロールパネルから再度チャネルを読み込む。

GOOD

  • 画面が思ったよりきれいなのが良い。
  • 設定が簡単ですぐ使えるのが良い。

BAD

  • 思ったより小さくて、一回り大きい物を想像していたので、そのギャップにがっかり。
  • タッチスクリーンがもう少しセンシティブだと良いなー。

これからすること

  • Flash及びActiveScriptのプログラミングを覚えて、Chumy ウイジットを作る。

Default 設定のVirtual Chumby

Chumby 今頃どこにいるんだ?

この前注文したChumby、2日前に香港経由でアラスカ州アンカレッジ市までやって来た。今時アラスカ経由で飛行機が飛んでる事に驚いた。多分アラスカで仕分けされて、アメリカ各都市に運ばれていくのではないかと思う。過去10年の間にアラスカ経由で日本に帰った事はなかったから、そう思ってしまったのだが、荷物の場合はその方が効率が良いんだと思う。次に2日前からTrackingInformationのアップデートが無い。UPSは結構頻繁にTrackingの情報が途切れる。UPSしっかりしてくれ、自分の荷物が今どこか知りたいんだよー。My Chumbyアラスカで凍り付いていなければ良いが。

Location Date Local Time Description
ANCHORAGE, AK, US 03/16/2008 2:25 P.M. DEPARTURE SCAN
CHEK LAP KOK, HK 03/16/2008 6:59 P.M. DEPARTURE SCAN