Founder At Work (3) Apple

起業の秘訣: 好きな仕事を夢中になってやろう。

今回は、3章で紹介されている、AppleのファウンダーSteve Wozniakに付いて。Wozniakの話から学んだ事は”好きにはかなわない”と言うことです。WozniakはApple Computerのファウンダーとしても知られているし、世界初のパーソナル・コンピューター(Apple I)、及びApple Ⅱを開発した人として有名です。彼は、会社経営などには興味がなく、ただ純粋にエンジニアです。Appleを起業する以前、彼が高校生の頃は、夜中に趣味としてコンピューターをデザインし、大学生の時代には、趣味で長距離電話ハッキング・ツールを作り、さらにHPに就職してからは、昼間HP計算機の開発をおこない、夜はAtari(ゲームの会社)でPong(ビデオ・ゲーム)の開発を寝ずに開発していたようです。彼は、興味の趣くままに、ハードウエア、及びソフトウエアの開発を行っていたようです。そして、1976年、今まで独学で学んで来た事を元にApple Iを開発し、Appleを起業しました。驚く事に彼はハードウエアおよびソフトウエア工学を学校で学んだ事はないそうです。彼のコンピューターに対する情熱、好きで好きでたまらないという気持ちが、彼にApple I 及びIIを生み出させたと言えます。

ウエブ進化論の著者の梅田さんも、ブログの中で、”出来るからする仕事じゃなくて、好きだからする仕事をしろよ”って言っていたと思います。”出来るからやっている人は、好きだからやっている人にはかなわない”とも言っていたと思います。

最近見たBlogTVに出ていたSixApartのファウンダーも”Do What You Like”とビデオの中で言っていました。

好きな事をする事が成功への近道

Founders At Work (2) Hotmail

起業の秘訣: 考えている事を文章にしよう (起業の計画を明確にする為に自分でビジネスプランを書こう)

Founders at Work(Stories of Startups’ Early Days)
今回は第2章のSabeer Bhatia
(Cofounder)のHotmail起業の話の中から、彼が挙げる、ビジネスを始める上での重要な点を二つ(彼は4つ挙げていますが)。

  1. Make sure you write a business plan because it will crystallize your thoughts to communicate your ideas with somebody else: 自分でビジネスプランを書きなさい。その行為が、あなたの考えを、他人に説明でするよう、洗練します。
  2. Don’t try to change user behavior dramatically: ユーザーの行動様式を根本的に変えようと思わないように

第1のアドバイスに関して、特に、プランの中には下記の事が盛り込まれるべきだと

  • What the company is going to do: 何をする会社なのか
  • What problem it is going to solve: どんな問題を解決するのか
  • How big the market is: マーケットのサイズ
  • What the sources of revenue for the company are: どうやって収入を得るのか
  • What your exit strategy is for your investors: どうやって投資家に還元するのか
  • What amount of money is required: いくらのお金が必要か
  • How you are going to market it: どうやってマーケティングするのか
  • What kind of people you need: どんな人材が必要か
  • What the technology risks are, marketing risks, execution risks: どんなリスクがあるのか

第2のアドバイスに関しかれは下記のように続けています

  • If you are expecting people to dramatically change the way they do things, it’s not going to happen. Try to make it such that it’s a small change, yet an important one.: もしあなたが根本的に人々の行動様式を変えようとしているのであれば、それは実現できないでしょう。小さな変更だけれども、重要な事を変えるよう勤めるべきです。

ビジネスプランに限らず、考えている事を文章にするという行為は、考えを洗練する効果があると思います。多くのブロガーがこの為に文章を書いているのではないでしょうか?第2のアドバイスに関し、慣れ親しんだものを変える事はビジネスに限らず、どんなケースでも難しいものです。変更は小さく、しかしインパクトは大きくは、様々なケースにおいて重要ではないでしょうか?

今日まで、たった2章しか読んでいませんが、気づいた事を一つ。1章のMAX、2章のSabeerに共通する事として、共に頭が良さそうというのは横に置いといて、共にアメリカへの移民である事、共に会社を設立するに当たって良いパートナーがいた事が挙げられます。Googleのファウンダーの一人も移民ですし、アメリカのベンチャー事業は移民によって支えられているんだなーと。Bill Gateにも、Steven Jobsにも、Scott McNealyにも、Gordon Mooreにも殆ど全ての成功している企業のファウンダーには優秀なパートナーがいる。基礎となる人材が、成功への重要なポイントの1つだと確信しました。

Founders At Work (1) PayPal

起業の秘訣: チャンスを見逃さないよう、物事を客観的に判断しよう。

最近、読み始めたFounders at Work(Stories of Startups’ Early Days)は、Dreaming in Codeを購入した際のAmazonの”あわせて買いたい”欄で紹介されていて、面白そうだったから買ってしまった。そのDream in CodeはiWozを買った後に、Amazonから送られて来たiWozを購入した人はこの本も好きだと思いますというマーケティング・メールを読んで購入を決めた。Amazonで買い物をする際はカスタマーレビューをいつも参考にしている。レビューの低い物は購入しない。そう、自分はAmazonのマーケティングに踊らされている。。。。

この本は読み始めたばかりなのだけれども、かなり面白い(起業に興味のある人にとって)のと、ためになるので、自分にとって大事な点を書き残していこうと思います。

今回は第1章のMax Levchin(MaxはPayPalのFounder兼CTO)PayPal起業の話。PayPalの話のポイントは、ビジネス・プランは変化する、変化に迅速に対応していくべきだ。私が面白いと思った点は、もともとMaxはセキュリティーに強く、Palm、特にビーム(赤外線)機能、を使って、お金のやり取りをするソフトウエアの販売を考えていました。彼が起業した1998年に、私はアメリカに移って来たのですが、当時のPalmは今のiPodくらいブームだった。彼はこのソフトを売るためにWebバージョンのDemoを作りました。結局Palmのソフトウエアの利用率は伸びなかったのですが、このWebバージョンのDemoの利用率はすごい勢いで伸びて行きました。そこで、ビジネスプランを変更しウエブ上でお金のやり取りをするPayPalに会社の舵を切り、後に成功します。もし、MaxがPalmにこだわっていたら、今のPayPalはなかったかもしれません。チャンスを見逃さないよう、今起きている事に対し客観的に判断する事が重要なのではないでしょうか?

起業を助けるお役立ちサイト

バーチャル企業を成功させるためのユーティリティツールとは
Software For Virtual Teams

以前取り上げた、
江島健太郎さんのブログで紹介されていたサイトも役に立ちそうでしたが、今回Alex Iskold によって紹介されているお役立ちサイトも、すぐにスタートアップが仕事を始める上で役にたちそうです。特にリモートの環境でコラボレーション・ワークをしている比較的小さい組織にはぴったりでしょう。

Alexは7つのカテゴリーのサイトを紹介しています。

まずはコミュニケーションツール。正直に言ってまだSkype使った事がないです。理由は、マイクを持っていないから。今日Skypeはインストールしたので、次はマイクを買います。

次に、プレゼンテイション。プレゼンテーションとしてカテゴライズされているが、ようはリモート環境でのデスクトップ・スクリーンのシェアー(共同利用)。GoToMeeting は使った事がないですが、2番目に紹介されているWebExを現在働いている会社で何年も利用しています。お客さんやパートナー企業の人達と共同作業をするのに大変便利です。おすすめ。この記事の中では紹介されていませんが、この記事に付いていたコメントから見つけたYugma。無料かつシンプルでなかなかよさそうです。

もっとも良いプロジェクトマネージメントツールとして紹介されている、7SignalsのBaseCamp。副業で一緒に働いているDavidとのプロジェクト・マネージメントに利用しています。まだ使いこなせてないです。

カレンダー:個人的にカレンダーサイトは使わないので、このセクションはスキップ。

その次に、ソフトウエアエンジニアとしては一番興味のある、コードリポジトリー。アメリカには多くの企業が低価格でバージョン管理システムのCVS、Subversionをホストしているようです。10M、15M程度だと無料で使えるので早速試してみます。Davidとはこの記事では紹介されていないDreamHostを利用しています。会社内にあろうが、インターネットにあろうが使いがっては変わりません。

データ・バックアップサイト。いつマシンが壊れるか分からないので、ファイルのバックアップを取る事は大事なのですが、いつも後回しになってしまいます。。。。。

最後にファイナンシャルツールとしてIntuitのQuickBooks。個人用のQuickenを利用しているのですが便利です。

原文についているコメントにも多くの有益な情報があります。こちらも読むことをお勧めします。

ソフトウエアの会社ならば、起業資金が少なくても起業出来る時代になりました。自分に足りないものは?アイデア!それがなくちゃハジマラナイ。。。。