叶うという字は十回口にすると書く

lalhaさんのtweetより

(2) エベレスト無酸素単独登頂の栗城さんの話。全般的にとても印象的だったけど、「夢はとにかく口にすること。叶うという字は十回口にすると書く。毎日10回口にしていれば応援してくれる仲間も現れる。失敗することを恐れて行動しないよりも口に出していったほうがいい」という話。

今日、lalhaさんのつぶやきに、「叶うという字は十回口にすると書く」と書かれていた。僕にも人生に一度はチャレンジしたい事がある。彼のつぶやきを読んでいたら、まずは声に出すところから始めようという気になった。実際に10回声に出してみたので、10回文字にしてみようと思う。

起業する。 x10

ゴールに辿り着くための、中長期的なプランは現在描けていないが、一ヶ月程度の短期的なプランを下記に。

7月31日までに、ウエブサービスの初期バージョンを起ち上げる。(基本的な機能のみ)

アイデアは盗まれないそうなので(アイデアと遂行はどちらが大事か)、下記にアイデアも晒します。

まずは一ヶ月間、1日10回声に出すところから始めます。

Advertisements

clustering+search

I developed search results clustering web service.
Please try it. *** English Only ***

clustsrch (http://clustsrch.appspot.com)

How Does It Works?

  • Data source: Initial search results Yahoo! BOSS
  • Clustering Algorithm: Hierarchical Clustering
  • Hosting Site: Google App Engine
  • Programming Language: Python

Source Codes?

カテゴリー別、1日の時間の使い方

人が一日の時間をどのように使っているのかのグラフをカテゴリー別に表示してくれます。眺めてると結構おもしろいです。

自分はあまりテレビと映画を見ないので、結構みんなテレビと映画に時間を割いているの驚き。これだけ割いていたら、でかいスクリーンのTVを買うのも頷ける。

How Different Groups Spend Their Day

世界も自分も定数ではない

一つヒントになるのは、世界も自分も定数ではない、ということだ。偶数しか場所がない世界が、奇数を欲するように変わることだってあるのだ。私にとって一番の驚きは、20代で妻子を得たこと。もし世界も私も変わらなかったのだしたら、それは「数学的にありえない」はずだったのだ。
from 404 Blog Not Found