The more you write, the more you'll be able to write.

前のエントリーにも書いたが、現在、Joel on Softwareを読んでいる。Joelの文章能力が高いからだと思うが、Software開発の基本が優しく解説されている。小難しく書いてないから、頭にもスムーズに入ってくるし、1エントリーごと納得しながら読める。

今日、僕にとって、ためになったなーと特に思えた部分。

Painless Functional Specifications – Part 1: Why Bother?

I think it’s because so many people don’t like to write. Staring at a blank screen is horribly frustrating. Personally, I overcame my fear of writing by taking a class in college that required a 3-5 page essay once a week. Writing is a muscle. The more you write, the more you’ll be able to write. If you need to write specs and you can’t, start a journal, create a weblog, take a creative writing class, or just write a nice letter to every relative and college roommate you’ve blown off for the last 4 years. Anything that involves putting words down on paper will improve your spec writing skills. If you’re a software development manager and the people who are supposed to be writing specs aren’t, send them off for one of those two week creative writing classes in the mountains.

正直に告白すると、僕はスペックを書かずにプログラム(コード)を書き始める事が多々ある。理由は時間がかかって、面倒くさいからだ。要するにスペックを書くのが嫌いだ。なぜ面倒なのか?なぜ嫌いなのか?私のスペックを書く力が弱いのだ。Joelによれば、「ライティングは筋力だ、書けば書くほど上達する」と本の中で言っている。僕は、それはプログラミングも同じだと感ずる。プログラム(コード)を書く力は、プログラムを書けば書くほど上達する。機能スペックがソフトウエア開発に及ぼす良い影響は明らかだ。僕は良いソフトウエアを作るためにも、より良いソフトウエア開発プロセスのためにも、よい機能スペックを書かなければならない。よいスペックを書くためにも、普段からもっと文章を書かなければならない。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s