1. Yahoo, 2. MSN, 3. Google

タイトルは、2007年5月9日時点での、サイト・アクセスランクの順位を表しています。

”マイクロソフトのヤフー買収提案のニュースを読んで”のエントリーで、ウエブ関連の業界では、グーグルが1番手、マイクロソフト/ヤフーが2番手3番手と書きました。実際に、ウエブ関連の収益・時価総額の点ではグーグルがヤフーを断然上回っています。今日、Alexa Web SearchGlobal Top 500(世界の上位500サイトのランク)を見たら、ランク1位はYahoo.com、2位はMSN、3位にGoogleでした。アクセス数ではヤフーがグーグルを上回っているのに、売り上げ、時価総額では、なぜ、この順位が逆転してしまうのでしょうか?グーグルは数学に強いPhDの集まりというイメージがあります。実際には、グーグルのサービスをお金に変えるのが、かなり上手な人の集団であるのではないでしょうか?

ちなみにランク4位はYouTubeでした。多くのグーグル関連のサイトが上位500に入っているので、関連サイトも全て足しこめば、グーグル関連サイトのアクセス数がヤフー関連サイトのアクセス数より多いのかもしれません。

Advertisements

マイクロソフトのヤフー買収提案のニュースを読んで

MICROSOFT EYES SEARCH GIANT IN PROPOSED TAKEOVER 

今日、多くのサイトでマイクロソフトがヤフーに対し買収提案を行った事がニュースになっています。このニュースを読んで、今後ウエブの世界(ITの世界)がどう変わって行くのか気になっています。

多くの人が認めるように、マイクロソフトはデスクトップアプリケーション(OSを含む)の分野の勝者です。しかし、高機能化したウエブ・サービス、及びインターネット・ブラウザーにより、デスクトップアプリケーション及びOSの重要度が徐々に下がっています。現在ではウエブ・メールだけでなくウエブ・バージョンのオフィースソフトなどが無料で提供され、マイクロソフト・オフィースを利用しなくても良い環境が作られ始めています。。それがウインドウズVistaがウインドウズ最後のメジャー・リリースになるのではないかと言われてしまう理由です。今現在、マイクロソフトはウエブ分野での勝者ではありません。

そして、現在のIT業界での戦場は、デスクトップアプリケーションからウエブ・アプリケーションに移っています。ウエブアプリケーション分野での、現時点での勝者はグーグルです。2番手、3番手にヤフー、マイクロソフト。直接は競合していませんが、アマゾン、イーベイが業界のプレイヤーとして存在します。もし、今回の買収提案が成立すれば、今後、グーグル対マイクロソフト・ヤフー連合対その他の構図になります。

(*)5年前は、アマゾン、イーベイ、ヤフーがインターネット御三家と言われ。グーグルはそれに続く存在として注目を集めはじめていました。世の中の流れはかなり早いです。

この買収提案が成立すれば、業界の構図が大きく変わるのですが、それよりも興味を持った事は、マイクロソフトは、ヤフーを買収する事により、グーグルに対抗できるようになるのでしょうか?さらにはグーグルに勝ち、ウエブの分野でも勝者になれるのでしょうか?ただ、2番手と3番手がくっついても意味が無い気がします。そこからどれだけシナジー効果が生まれるのか?プラス、マイクロソフト・ヤフー連合から何か新しく・重要な物が生み出されなければ、勝者になる事は難しいと思います。新しいものをどっかから買ってくるのでも良いです。

タイトルは過激ですが、Paul Grahamのエッセイ1日本語訳)、エッセイ2日本語訳)には、ウエブの分野での、マイクロソフトの状況が上手く描かれています。参考にどうぞ。

個人的には、怪物企業のいない世の中になってほしいです。